甲賀市観光ガイド

東海道の宿場>近世へ

 古来より東国と京(都)を結ぶ東海道は政治的・軍事的に重要な交通路でした。慶長5年(1600)、天下分け目の戦い「関ヶ原の合戦」で勝利した徳川家康は翌年、東海道に五十三の宿場を設けて東海道五十三次を整備しました。現在の甲賀市には「土山宿」と「水口宿」が設けられました。
 天保3年(1832)に浮世絵師の第一人者安藤(歌川)広重は東海道を旅しながら各宿場町の風景を描き、傑作「東海道五十三次絵」が生まれました。

土山宿「春の雨」

大雨の中を大名行列が川を渡る様子を描いています。この辺りは鈴鹿峠を境に天候が変わりやすかったのです。

広重「春の雨」

水口宿「名物かんぴょう」

水口の初夏の風物詩、青空の下で白いかんぴょうが干される風景が描かれ、以来、かんぴょうが一躍有名になりました。

広重「かんぴょう干しの風景」


土山宿(東海道四十九番目)

土山宿イメージ写真東の箱根と並ぶ、西の難所と言われた鈴鹿峠を行き来する旅人の休憩場所として、また御代参街道が合流していたことからもにぎわいました。軒を連ねた格子戸の家並み、旅人に木陰を提供した松並木など当時の風情を色濃く残しています。

旧土山本陣

土山宿の中央に位置し、寛永11年(1634年)三代将軍徳川家光の上洛に際して設けられました。初代土山喜左衛門が本陣役に任命され、以降明治3年(1870年)に至るまで代々これをつとめました。現在でも、大名などが宿泊した上段の間や、庭園などが当時のまま残されており、宿帳や関札・工芸品などの貴重な資料が文化財として保存されています。

東海道伝馬館

東海道や土山宿の情報発信の拠点施設です。館内には、問屋場の復元展示、街道や宿についての展示、特産品販売コーナー、体験工房などがあり、わかりやすく宿場町を紹介しており、土山宿の歴史や文化にふれることができます。
東海道伝馬館ホームページ

扇屋伝承文化館

江戸時代に扇や櫛を販売していた商家「扇屋」を地域文化の伝承と東海道を散策する人々の憩いの場となることを目的に地域有志の住民がボランティアで改修。館内では扇屋に残されていた「お宝」や地元工芸品の展示、また土山宿特産品の販売が行われ、さらに日曜日には新名物「いく野そば」をご賞味いただけます。

旧土山本陣写真 東海道伝馬館写真 扇屋伝承文化館写真

万人講常夜燈

江戸時代の中頃、四国の金毘羅神社の常夜燈として鈴鹿峠に建てられ、東海道を往来する行商人信者が鈴鹿峠より伊勢の海遥か彼方四国金毘羅神社に航海と道中の安全を祈願していました。現在は、国道1号線の鈴鹿トンネルの上で、交通安全を見守っています。

平成万人灯

自然石の石灯篭では日本一の大きさを誇り、旧宿場町のシンボルになっています。夜間は火袋が点灯し、周囲から全体をライトアップし、昼も夜も往来する人々の目を楽しませてくれます。

土山宿イメージ写真3
平成万人灯写真 万人講常夜燈写真

水口宿(東海道五十番目)

水口宿イメージ写真

水口城の城下町としても整備され、「街道一の人留め場」と言われるほどにぎわいをみせました。名物は葛藤細工、干瓢(かんぴょう)でした。

水口城資料館(水口城跡)

水口城は徳川三代将軍家光が寛永11年(1634)に京都へ上洛するための宿館として築城されました。明治時代に廃城となりましたが、復元され資料館となっています。当時の規模は復元模型でうかがい知ることができます

水口曳山祭

享保20年(1735)、町民がまちの発展を願って曳山を建造し、水口神社に奉納しました。これが水口曳山祭(4月19日〜20日/水口神社)の始まりだと伝えられています。旧東海道を歩けば、この曳山を収納している山蔵を見ることができます。

水口宿東見附跡

水口宿の東端に設けられ、「江戸口」と呼ばれ、警備の役割を担っていました。枡形の土居がめぐらされ木戸や番所がおかれた防御的な施設だったようです。西端には西見付があり「京口」と呼ばれ、同じ機能を果たしていました。

水口城資料館写真 水口曳山祭写真 水口宿東見附跡写真
水口城跡イメージ写真2

水口宿本陣跡・脇本陣跡

水口宿には本陣・脇本陣の各1軒が置かれました。本陣は大名、公家、幕府役人などが泊まる特別な旅籠で、脇本陣は本陣につぐ格式をもつ旅籠で本陣を補佐しました。本陣の建物はなくなりましたが、脇本陣の一部が現存します。

横田渡常夜燈

野洲川のこの辺りを横田川といい、参勤交代などで通行量が増加すると渡し舟や渡し賃の制度が整えられました。往時は夜も通行が絶えず、対岸の渡し場の目印として、文政5年(1822)に建てられたのが常夜燈。東海道随一の規模です。

水口宿本陣跡写真

横田渡常夜燈写真


もどる