甲賀市観光ガイド

古城山(水口岡山城跡)

水口市街北側の大岡山は標高282メートルで、あまり高くありませんが、古城山と呼んで親しまれています。この山は街道を眼下に見下ろし、鈴鹿峠から蒲生一帯を一望することの出来る軍事・交通上要衝の地です。この地形を生かして天正13年(1585)、羽柴(豊臣)秀吉が、甲賀郡と蒲生郡の一部を支配させるために、家臣の中村一氏に命じて水口岡山城を築かせました。築城には高島市の大溝城の古材が用いられ、山頂部に高い石垣を巡らし、瓦葺きの諸建物が連立して周囲を威圧したものと思われます。山麓の市街地はこの城下町として整備され、水口の町の原形が出来上がったのはこの頃だといわれています。
その後天正18年(1590年)に増田長盛が、文禄4年(1595年)には長束正家と、いずれも五奉行の一員があてられました。慶長5年(1600)の関ヶ原合戦に際し、長束正家が西軍に味方し、敗れて帰城後、池田長吉らに攻められて炎上、落城し、長束正家は日野に逃れ、自刃しました。
江戸時代、寛永11年(1634)の新しい水口城(将軍家御茶屋御殿)の築城の際に、石材を転用したと伝えられています。現在では石垣がわずかに残り、曲輪は山頂及び中腹にあり、これを区画する堀切や竪堀の跡が認められます。



甲賀市水口町水口 / 新名神 甲賀土山ICから15分/新名神 甲南ICから15分/JR貴生川駅乗換近江鉄道水口駅から徒歩 / 普通車7台 /