甲賀市観光ガイド

横田渡常夜燈

「東海道十三渡し」の一つで、このあたりは野洲川に山が迫り狭くなっているので交通上の要地として重要視されていました。野洲川のこの辺りを横田川といい、幕府の政策により橋を架けられなかったので旅人は難儀をしました。参勤交代等で通行量が増加しますと幕府の道中奉行の支配を受けるようになり、渡し舟や渡し賃の制度が整えられました。3月から9月の増水期は4艘の渡し舟で、10月から2月までの渇水期は土橋を架けて通行するようになりました。また、年間何日かは大水で「川留め」になり、通行ができないこともありました。
この「渡し」を物語るものには泉側に建つ常夜燈です。この常夜燈は文政5年(1822年)地元の村々だけでなく京都・大阪の人々を含めた万人講で建設されたもので、総丈7メートルを超え、笠石2,3メートル四方、周囲17,3メートル玉垣に乗っている東海道随一の規模を誇っています。往時は夜も通行が絶えず、対岸の渡し場がはっきり分かるように目印として建てられました。灯籠の笠の部分に「金比羅大権現」とあるのは水上交通の守護神としての信仰からかと思われます。シーボルトの「江戸参府紀行」には、「この川岸には金比羅さんを祈念した石灯籠、火をともす大きな台がある」と述べています。
平成10年に「旧東海道横田渡跡」は県史跡に指定されています。



甲賀市水口町泉   / 0748-62-7141(水口歴史民俗資料館) / 新名神 甲賀土山ICから20分/新名神 信楽ICから20分/JR貴生川駅からはーとバス柏木巡回 泉常夜灯バス停下車すぐ / 3台  /