願隆寺

願隆寺

3体の木造仏像は国指定重要文化財

天平6年(734)の創立で堂内に薬師如来を安置し、当時甲賀七薬師のひとつで、いずれも伝教大師の彫刻です。長暦2年(1038)兵火にかかり全焼しましたが仏像は難を逃れました。明暦3年(1657)僧盛賢が現在の地に移転し、寺号も願隆寺と改め、天台宗に復しました。「木造阿弥陀如来坐像」「木造日光・月光菩薩立像」(平安時代)の3体は、ともに国指定重要文化財です。

甲賀市水口町松尾1290番地
0748-62-2777(拝観等はお問い合わせください)
新名神 甲賀土山ICから15分、甲南ICから20分
JR貴生川駅からはーとバス「八田行き」松尾下車徒歩3分
普通車10台(マイクロバス駐車可)
水口北保育園横から進入

関連情報

  1. 森下屋

  2. 甲南 ふれあいの館

    ふれあいの館

  3. 大池寺

    大池寺

  4. 日本遺産 忍者

    忍者

  5. 持宝寺

    持寳寺

  6. 土山歴史民俗資料館

    土山歴史民俗資料館