鮎河の千本桜(あゆかわのせんぼんざくら)

鈴鹿山系の麓、四季折々に彩られる深い山々に抱かれた静かな里、鮎河(あゆかわ)。その深き谷間を縫い湧き出す清水が集まり、清らかなうぐい川の流れとなります。その川辺の両側にある200本の桜(ソメイヨシノ)をはじめ、青土ダム(おおづちだむ)など周囲には千本以上の桜が咲き誇ります。冬の厳しさに耐え、春の訪れの喜びを表すがごとく一斉に花開きます。鈴鹿山脈の麓の山間部にあるので、ほかより約1週間前後遅く咲きます。

 

 

咲くや鮎河さくらまつりは例年4月中旬の土日に開催されます。
小さな地域にある桜並木です。お車でのお越しは大変混雑します。
土山線あいくるバス(コミュニティバス)のご利用をお勧めいたします。

団体旅行(バス)のお客様は、開花期間中臨時駐車場を設けますので甲賀市観光協会までお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。
メール件名「鮎河千本桜バス駐車場について」
本文に会社名・担当者名を入れてお送りください。
メールアドレスはこちら → 「 甲賀市観光協会問合せメール 」

 

公共交通機関
JR草津線 「貴生川駅駅」 下車 あいくるバス 約40分
新名神「甲賀土山I.C.」から約20分

 

 

関連情報

  1. 飯道神社

    飯道神社

  2. 旧水口図書館

    旧水口図書館

  3. 万人講常夜燈

    万人講常夜燈

  4. 秋葉神社

    秋葉神社

  5. 誓蓮寺

    誓蓮寺

  6. 牛ヶ淵

    牛が淵